« フロイライン第二弾見本 | トップページ | フロイライン続き »

2007年10月10日 (水)

フロイラインリボルテック1月1日デビュー

A_44●そろそろフロイライン情報を・・・と考えて昨日ブログを書いたのですが、今朝『電撃フィギュアナビ乙女組』という雑誌が届きました。
うっかりしてましたが、ここでいろいろと情報を大解禁(記事および広告)してますので、あわてて、こちらでもお知らせ。全然宇宙一早くなんかないですね。スイマセン。

●さて、第一弾となる綾波の情報からはじめましょう。

発売日:2008年1月1日
(実際は07/12/25ごろを予定)
価格:初回生産特別価格¥2000(税込)
※次回生産より¥2200

はい。またまたやっちゃいました。
この価格、たくさん売れることを信じて(念じて)はじき出しました。
フロイラインリボルテックは、シリーズを統一価格にはできそうもありませんが、「価格破壊」を旗印にしていくことは揺るぎません。ユーザーの応援だけが頼りです。ぜひ買ってください!

『毎月1日、榎木造形のお嬢さんに会える』・・・月のはじめ、1日がフロイラインリボルテック発売日です。まあ、榎木原型のセイバーやよつばシリーズが1日発売だったので、その続きと覚えてください(よつばは単行本の発売にあわせて、ちょっとずれて27日でしたが)。
第一弾は当然1月1日発売ということになりますが、さすがに正月元旦からというのは流通の関係上難しいですから、実際の発売日はちょっと前倒しにして12月25日前後となる予定。海洋堂からのクリスマスプレゼントです。

●製品スペックをあげますと・・・
・全高約150ミリ(約1/10スケール)
・全身18カ所可動
・リボルバージョイント10個使用
・オプションパーツ ロンギヌスの槍×1 オプションハンド×4 専用ディスプレイスタンド×1

●雑誌やチラシでお伝えしてますが、榎木ともひで制作の汎用素体『E.L.F.』がこのシリーズのコアとなっています。もともとフィギュアの四肢をすべてリボルバージョイントでつなぐのはなかなか困難です。ジョイントの軸が長くて、たとえばひじと手首に入れたジョイントの軸同志がぶつかりあってしまうからです。小さな頭のフィギュアでは、脳天から軸が飛び出そうになります。リボルテックヤマグチでも、それらの回避にかなりの工夫がこらされていますので、一度ごらんになってください。リボルバージョイントは非常に優れたジョイントですが、常に万能というわけではないのです。
骨太のロボットでもそうなのですから、華奢でパーツが細かい美少女フィギュアにそれを仕込むのはほとんど不可能です。セイバーは鎧とボリュームのある服のおかげでなんとかなりましたが、身体のラインが出る綾波ではなかなかそうはいきません。
そこをクリアするために、かなりアクロバティックなジョイントの使い方をしています。本来パーツとパーツをつなぐためのジョイントを、ボディ内部に埋め込んでいます。本来汎用性をうたい、すべて同じ形状で使用するはずのリボルバージョイントの軸を短いものにせざるを得ませんでした。リボルテックとしては、いささか邪道なシリーズといえましょう。
重要なリボルテックの特徴を捨てた変わりに、これまでの球体関節可動フィギュアにない、特徴とプロポーションを得ることもできました。これもリボルバージョイントのポテンシャルです。
それらの新解釈の集大成が『E.L.F.』なんですね。

●なんだか長くなりすぎたので、またおいおい情報をアップしていこうと思います。満を持してお送りする、フロイラインリボルテックにご期待ください。

***************************

[小妖精アヤナミの生活と意見 破]

F3_3
パソコンクライミング。

F4
リボルテックはコスプレし放題です。
よつばコスプレ写真も撮りましたが・・・掲載は見合わせます。
ダンボーコスプレも。

|

« フロイライン第二弾見本 | トップページ | フロイライン続き »

フロイラインリボルテック」カテゴリの記事